国内旅行中の偶然な事故によるケガや盗難・損害賠償責任などを補償します!

 


国内旅行傷害保険の主な例

 

・ケガ

ご旅行中、交通事故・航空機事故・ホテル火災等でケガをされた場合、保険金をお支払いします。

 

・個人賠償責任

ご旅行中、日本国内において発生した偶然な事故によって、誤って他人にケガをさせたり、他人のものを壊したりして、法律上の損害賠償責任を負担することになった場合、保険金をお支払いします。
(注)上記事例でも損害賠償責任が発生しなかった場合等、事故状況等により、保険金をお支払いできないことがありますのでご注意ください。

 

・携行品被害

ご旅行中、日本国内において発生した被保険者が携行している身の回り品が偶然な事故により破損・盗難等の損害を被った場合、保険金をお支払いします。

 

被保険者またはそのご家族が契約されている他の保険契約等(異なる保険種類の特約や当社以外の保険契約または共済契約を含みます)により、既に被保険者について同種の補償がある場合、補償が重複し、保険料が無駄になることがあります。補償が重複すると、特約の対象となる事故について、どちらの保険契約からでも補償されますが、いずれか一方の保険契約からは保険金が支払われない場合があります。補償内容の差異や保険金額等を確認し、特約の要否を判断のうえ、ご契約ください。
※  複数あるご契約のうち、これらの補償が1つのご契約のみにセットされている場合、契約を解約した時や、家族状況の変化(同居から別居への変更等)により被保険者が補償の対象外になった時は、補償がなくなることがありますのでご注意ください。

詳しくはコチラ(公式HP 国内旅行傷害保険パンフレット)